電子帳簿保存法(電子取引)への対応について

電子帳簿保存法とは

ABOUT

税務関係帳簿書類のデータ保存を可能とする法律です。

2024年1月1日から、楽天や自社サイト等を通じての取引は「電子取引」にあたり、データ保存が義務化されます。


電子帳簿保存法(電子取引)への対応

電子取引のデータ保存として、「電子取引データ保管オプション」を用意させて頂きます。

(貴社におけるデータ保存の必要性については、貴社の顧問税理士等へご確認ください。)

「電子取引データ保管オプション」概念図

  • 通販Bestで各ECサイトから受注データを取り込むと、自動的に電子取引データを保存します。
  • ご利用のパソコン・サーバ等に、データ保存が可能です(通販Bestのデータベースと同じ場所になります)。
  • 保存された電子取引データについては、修正・削除はできません。
  • 取引日付・取引先・取引金額で検索することができます。
  • 検索結果は、一覧形式(CSVファイル)で出力されます。
  • 通販Bestのメニューからデータバックアップを行うと、保存された電子取引データも一緒にバックアップされます。

検索画面

選択した[データ種別]で、検索された電子取引データの出力項目を指定できます。

1:受注データ取込(受注) → 受注レベル(注文者、フッターレコード)

2:受注データ取込(配送) → 配送レベル(注文者、配送先、フッターレコード)

3:受注データ取込(商品) → 商品レベル(注文者、配送先、商品、フッターレコード)

検索結果一覧例

※ 資料上、項目タイトル・項目数については一部削除しています。また、実際の検索結果に色は付きません。

販売管理・顧客管理運営を1つのシステムで
もっとラクにしませんか?
ぜひ通販Bestの導入をご検討ください

CONTACT
お電話でのお問い合わせはこちら
平日 9:00~12:00、13:00~18:00